水に弱いiPhone!水没したら早めに修理をお願いしよう!

水に弱いiPhoneを水没させてしまったら?早めに修理へ出すのが一番です。 - 水に弱いiPhone!水没したら早めに修理をお願いしよう!

iPhone水没サイト情報
iPhone水没サイト紹介

アーカイブ

更新情報

水に弱いiPhone!水没したら早めに修理をお願いしよう!

機種変更や新規契約をして新しい携帯電話を手にするとき、「どうせならiPhoneに」と思う人も多いはず。バージョンによっては機種代も安くは無く、長いローンを組んでようやく購入したという人もいるようです。しかし、不幸なことは意外と発生するもので、落として画面を破損してしまったり、水に落としてしまったり。特に水没させてしまった時には絶望感すら感じるでしょう。そんな時に、せめてものの起動できるように修理してもらうことは可能なのでしょうか。iPhoneはどこにでも持ち運びができるため、水没の確率も高くなっています。「自分は大丈夫」などと高をくくらずに、知っていて損はないでしょう。

iPhone水没が起こりやすい場所とは?

実際にiPhoneやスマートフォンを水没させたことがある人の報告を見て、大体どんな場所で水没させやすいのかを調べてみました。

  • ・トイレ
    一番多い場所だと言われています。ポケットに入れておいて屈んだ瞬間にポロリと落ちてしまい水没するというパターンや、操作をしながらトイレに入って手を滑らせてそのまま落としてしまうというもの。また、自宅のトイレばかりでなく外出先のトイレでも起こりやすいようです。特に冬場は厚着をしていますので、落ちたことにも気づかないこともあるそうです。対策法としてはしっかりとバッグの中に入れたり、自宅に居る時はトイレに持ち込まない、いったん別のところに置いておくなどの対策をしておきましょう。
  • ・お風呂
    これも意外と多いようです。お風呂に持ち込んで音楽を聞いたり、動画を見たり、アプリゲームをしている最中にうっかり手を滑らせて落としてしまったという人。中にはチャック付きのビニール袋に入れている人もいるようですが、チャックが完全にしまっておらずそこか水が入り込んだり、湿気で本体の中に結露が発生してしまい、結果的に水没したのと同じ状態になってしまうこともあるようです。対策としてはもう持ち込まない、と言うのが一番でしょう。
  • ・外出先で
    外出先で操作をしようとしてうっかり水没というのも良くあります。夏になれば海に川にプールにと水場に行くことが増えてきますが、その時にうっかり落としてしまうという事例は毎年どこかで耳にします。また、温泉やプールなどに出かけて上がったときに濡れたままの手で触れて内部にまで水を浸透させてしまったということもあります。そのほかにも、突然の雨に降られてぐっしょり濡れてしまうということもありますので、対策としてはやはり気を付けること、としか言いようがありません。

もし水没させてしまったら?

bgfrgtrstrs
しっかりと注意していたのにうっかり水没させてしまったという時には、すみやかに修理に出しましょう。インターネットで調べてみると色々なサイトが出てきて、「修理に出さなくてもOK」なんて方法が出てくるかもしれませんが、素人修理や対応をしてしまうと一時的に治ったとしても長く使うことができなかったり、他の不具合が出てしまいます。応急処置だけを済ませて、あとはプロに任せましょう。
応急処置は簡単です。電源を切って、本体を振らずにタオルなどで水気を吸い取ること。水を全て出そうと思ってついつい振ってしまうかもしれませんが、振ると逆に水気を濡れていないところにまで広げてしまう可能性があります。ある程度水気を出したら乾燥させてから起動してみましょう。それでも通常の起動ができなかったら即修理に出した方がいいですね。置いておく時間が長くなれば修理が不可能になる可能性があります。

◆◇おすすめサイト◇◆
iPhone水没の修理依頼ならモバプロ
モバプロ新宿店
東京都豊島区西池袋1-42-8

Copyright(C)2016水に弱いiPhone!水没したら早めに修理をお願いしよう!All Rights Reserved.